最新トレンドを意識したトップページ構造の7つのヒント

トップページは、ホームページの顔であり、ユーザーにあなたのビジネスやサービスを印象づける最も重要なページですよね。
検索エンジンにとっても、トップページのコンテンツは重要な役目を果たしてくれるので、トップページのコンテンツを作成する際には、ぜひこの7つのヒントをご参考にしていただけたらと思います。

 

1. メイン画像とキャッチフレーズ

ヒーローイメージと呼ばれ、ホームページの一番最初に表示するセクションで、ホームページの第一印象を決める重要な要素のひとつです。そのキャッチフレーズとしては、《1》メインの見出しと《2》サブタイトル用の文言があると見栄えもよいです。
使用するテーマによっては、スライド形式や背景に動画を配置できたりします。

 

2. ビジネスに関する簡潔な要約、趣旨、経営理念、経営ビジョンなど

 

3. サービスの特長を2〜6つにまとめた箇条書き

下のサンプル画像のように、《1》小見出しと《2》説明があるとバランスがよいのでオススメです。添えるものとしてはアイコンだけでなく、画像も可能です。

 

4. 呼び込みメッセージとリンクボタン

お問い合わせやより詳しいサービス説明、料金表ページなどへ、ユーザーを誘導するために強調したいメッセージです。コールアウトやリボンセクションと呼ばれ、トップページ中盤、または後半部に位置します。

 

5. チーム紹介

潜在ユーザーにとって、どんな人たちがそのビジネスやサービスを運営しているのかはとても気になるポイントです。できれば顔がわかる方がサービスを受ける側のユーザーにとっては安心要素のひとつになりますが、自分の写真をWEB上に載せたくない場合は、似顔絵などやんわり自分らしさがわかるような感じでもよいと思います。

 

6. お客様の声や体験者の声

サービスを受けるかどうか決める前に、既にサービスを受けたことのある人からの感想やレビューは聞いておきたいものですよね。ビジネスやサービスの内容はわかったけれども、さて自分にもそれらが合うのかはイマイチ確信しづらいはずです。そこで第三者からの意見や体験談があるとに参考になり、潜在ユーザーが一歩を踏み出すきっかけになるかもしれません。

 

7. ビジネスパートナーや協賛企業があれば、ロゴの確保

 

いかがでしたでしょうか。7つの項目それぞれに参考例として画像を添えてあるので、少しイメージしやすいかと思います。

必ずしもこの7点がなければならないというわけではありませんので、ご安心ください。ただこれら7つの項目をトップページ内に網羅することで、最新トレンドのテンプレートを有効的に活用できるだけでなく、SEO対策、検索エンジンにとっても効果的に働きます。

トップページ(ホームページ)のコンテンツを作成する上で、ぜひこの7つのヒントを意識していただければと思います^^